約600年前、南北朝時代の天皇「後醍醐天皇」がお立ち寄りになられた”皇居”である堀家住宅。その建物の作りも大変貴重なものなので、国の重要文化財に指定されています。